>> 賃貸部屋探しTOP >> 初めての賃貸
 

■賃貸部屋探し完全ガイド

  初めての賃貸
  ≫はじめにかかる費用
  ≫賃貸物件の種類
  ≫お部屋選びのポイント
  ≫家賃交渉の秘訣!

  一人暮らし用ガイド

  学生の一人暮らし

  女性の一人暮らし

  高級賃貸・デザイナー物件

  ルームシェア

  公団・公営住宅を借りる

  ウィークリー・マンスリー

  ペットと住む

  お引越しチェック

  トラブル防止ガイド

■賃貸おさらいクイズ

  賃貸基礎知識編

  トラブル防止・解決編

■みんなのアンケート広場

  敷金返還率調査

■賃貸関連サイト集

  賃貸物件検索サイト 全国版

  地域限定 お部屋探しサイト

  賃貸総合情報、リンク集など

  一人暮らし向け情報サイト

  公団・公営住宅 サイト

  ルームシェア関連サイト

  ペット関連サイト

  トラブル防止、防犯対策サイト

  オフィス賃貸

 
- 家賃交渉って可能? -
気になる家賃交渉、してみたことありますか?
交渉の裏側
裏側といっても当たり前のことばかりなんですが、不動産屋さんや大家さんは、空いている物件には早く新しい人を入れたいと思っています。借りる側と一緒で無謀な要求をしても相手は見つかりません。
無謀でなくても人気が出ないものは人気がでません。砂漠の真ん中に綺麗な家を建てれば、タダにしても住む人を探すのは大変です。つまり、人気のない物件は交渉しやすいということです。
いい条件で住んでくれる人をずっと待つよりもすぐに住んでくれる人を多少安くしてでも入れた方が良いという貸主側の要求に一致した時に交渉が成立します。
 
〜基本スタンス〜
貸す側もただの金の亡者ではありません。一円でも多く払ってくれる人が必ずしも良い賃借人というわけではないのです。信頼できそうな人、他人に迷惑をかけない常識的な人、清潔そうな人、そういう人の方が当然好まれます。職業や学校などで扱いが違ってくることも当然あります。
こういうことを考えて、自分を善良で常識的な人と見せながら、でもちょっとだけお金に困っているというようなスタンスで交渉に臨むことが基本となるでしょう。あまりお金に困っていると家賃が滞納されるのではないかと心配されてしまいますのでご注意ください。
 
〜交渉のねらい目〜
ストレートにこれもまけろ、あれもまけろといっても迷惑がられるだけで、逆に変な人(住んで欲しくない人)と思われるだけなので意味がありません。あくまでも常識的で良心の許す範囲で賢く交渉する必要があります。

「礼金」
これが最も交渉しやすい部分です。賃借人によって家賃が違うのはなかなか大家さんとしても心の痛いところ。その点、礼金は大家さんがもらうかどうかの話なので大家さんとしてもまけてあげやすい部分です。礼金を半分にしていただければすぐに決めます、などと言えばすぐに分かりましたというところもあるかも・・・
ただ、これからお世話になるので『礼』を尽くす、という本来の意味で支払えるような心と経済的な余裕を持ちたいものですが。

「日割り家賃」
中途半端に発生するはじめの家賃も狙いやすい方です。この期間は実際にはまだ住んでいないという状況であることも多いでしょうし、この辺だけでもまけてくれませんか?と頼み込めば聞いてもらえることもあるでしょう。この分をまけてくれたらすぐに決めますという必殺技を出すとより効果的かもしれません。

「家賃」
あまり人気のない物件であれば、可能性があります。といっても限度がありますが。まけてもらえるとしても多くて5%くらいでしょう。いろんな状況を踏まえて、タイミングとセンスが重要になります。とりあえず、「ちょっとだけ予算オーバーなので決めきれないのですが、3000円安くしてもらえればすぐに決めます」と言ってみるだけ言ってみても良いかもしれません。
 
〜まとめ〜
無理ばかり言って嫌われないように気をつけましょう。また、家賃を下げることばかりに気をとられて肝心の物件選びを間違わないようにしましょう。
 
Copyright 朝日デザイン企画 All Right Reserved.
運営事務局お問合せ