>> 賃貸部屋探しTOP >> ルームシェア
 

■賃貸部屋探し完全ガイド

  初めての賃貸

  一人暮らし用ガイド

  学生の一人暮らし

  女性の一人暮らし

  高級賃貸・デザイナー物件

  ルームシェア
  ≫ルームシェア入門
  ≫マナーとトラブル

  公団・公営住宅を借りる

  ウィークリー・マンスリー

  ペットと住む

  お引越しチェック

  トラブル防止ガイド

■賃貸おさらいクイズ

  賃貸基礎知識編

  トラブル防止・解決編

■みんなのアンケート広場

  敷金返還率調査

  オフィス賃貸

 
- ルームシェアをするには? -
ルームシェアにはなじみが少ない日本ですが、最近はシェアを希望する人も増えてきているようです。
〜ルームシェアとは?〜
皆さんご存知の通りお部屋を分け合って使うことです。玄関やお風呂やトイレは一緒のところがほとんどだと思います。日本人ではまだ何らかの知り合いとシェアするようなケースが多いとおもいますが、ドラマなどでシェアするセッティングが取り上げられるなど、まったくの他人同士でシェアするケースも増えてきています。欧米での生活経験を持つ人が増えたということの影響もあるかと思います。
 
〜どんな形があるのか?〜
ルームシェアにもいろいろな形態が存在しますが、どのようなケースがあるのでしょう?
・シェア目的で借りる
ルームシェアして家賃を抑えるのを目的に一緒に部屋を借りるというケースですが、実際にはなかなか難しいものです。日本の賃貸物件で他人同士のシェアを了解してくれる大家さん、不動産屋さんはほとんど無いでしょう。こういう場合は、一人が借りたことにして後からこっそり住まわせるというような感じになるのが現実でしょう。

・たまたま余った部屋を貸す・借りる
現状を考えるとこのケースが最も多いでしょう。子供が出て行って部屋が余った老夫婦など何らかの理由で家族が減って部屋が余っているときに、一部屋誰かに貸そうかな、となるのです。最近は離婚ということも日常茶飯事なので、二人で住む部屋を借りたのに出て行かれた(もしくは追い出した)ために部屋が余ってしまったが、気に入っているので引っ越したくないというようなケースもあるでしょう。私の知り合いでも、恋人と住んでいたのに出て行かれたのでルームメイトを探していた人もいます。

・シェア目的の物件
もともとシェアすることを目的に考えて作った物件というのも出てきています。ゲストハウスやシェアハウスと呼ばれるものがそれに当たります。部屋ごとに鍵があったり、そういうところに慣れた人が多いという点では安心です。

木造アパートなどで、風呂なし、トイレ・キッチン共同というのがありますが、実質的にはシェアハウスです。シェアとは書いていませんが、実はシェアということもあります。
 
〜どこで探す・募集する?〜
日本ではまだルームシェアの習慣が浸透していないので、なかなか他人と住むのは難しい問題が多々あります。インターネットは見ず知らずの人と知り合えるツールとしては優れていますので、募集するサイトもいくつかあるようです。こういうところで探すのも一つの手でしょう。思った以上に簡単に良いルームメイトが見つかったという話も聞いたことがあります。
安心なのは知人の紹介の方が良いでしょう。あまり中の良い親友同士だったりすると逆にうまくいかなかったりするらしいので、長続きしそうな適度な関係を続けられる相手か、直接は知らないが紹介してもらったというような人の方が良いかもしれません。
異性のルームメイトは慎重に選ぶ方が良いでしょう。知り合いの紹介なら大丈夫だとは思いますが、見ず知らずの人では何を考えているか分かりません。
 
Copyright 朝日デザイン企画 All Right Reserved.