>> 賃貸部屋探しTOP >> 公団・公営住宅を借りる
 

■賃貸部屋探し完全ガイド

  初めての賃貸

  一人暮らし用ガイド

  学生の一人暮らし

  女性の一人暮らし

  高級賃貸・デザイナー物件

  ルームシェア

  公団・公営住宅を借りる
  ≫公営住宅種類と特徴
  ≫都市機構の物件

  ウィークリー・マンスリー

  ペットと住む

  お引越しチェック

  トラブル防止ガイド

■賃貸おさらいクイズ

  賃貸基礎知識編

  トラブル防止・解決編

■みんなのアンケート広場

  敷金返還率調査

■賃貸関連サイト集

  賃貸物件検索サイト 全国版

  地域限定 お部屋探しサイト

  賃貸総合情報、リンク集など

  一人暮らし向け情報サイト

  公団・公営住宅 サイト

  ルームシェア関連サイト

  ペット関連サイト

  トラブル防止、防犯対策サイト

  オフィス賃貸

 
- 都市機構(旧都市公団)の物件のメリット・特徴は? -
都市機構の物件はそんなに安いというほどではありませんが、どうなんでしょう?
〜都市機構って?〜
度々名称が変わっていますが、いわゆる昔の公団です。現在の名称になったのは昨年(04年)のことです。始まりは「日本住宅公団」、その後「住宅都市整備公団」となり、99年に「都市基盤整備公団」となったかと思いきや、今度は公団という言葉が消えて「独立行政法人 都市再生機構」となりました。
公的な機関から独立した法人としての色を強めているという感じでしょうか?とはいえ、営利を追求する企業ではないので、良い物件を良心的な価格で貸しているということは間違いないことです。
 
〜物件の特徴・最近の傾向〜
都市機構の物件は常々注目してみていますが、最近のものは設備がかなり充実していて分譲仕様といってよい程です。住みやすい街づくりを平行していると言っているだけのことはあり、近くにスーパーや飲食店、病院などを併設するケースも多くいろいろな面で安心して利用できます。家族向けの部屋が多いので、広く、家賃もそれなりにしてしまいますが、広さと設備の充実の割には安いという感じがします。
新しい物件は倍率が高く、物件によっては人気の部屋では100倍近いものもあるくらいです。私の友人は80倍くらいの部屋に当たって大喜びしていました。
 
〜メリット〜
・礼金なし
→礼金がないのはやはりお得。
・敷金のトラブルなし
→きちんと調べてくれて綺麗ならほとんど全額還ってきます。これが正しい審査なんだろうな〜と思うと一般物件で返還されないのがちょっと腹立たしい気持ちにもなります。
・住宅のトラブルが少ない
→敷金だけでなく、修理・騒音・建築構造などいろいろと安心です。お手本となるような住宅を提供しないといけないという部分もやはりあるのでしょうか。
 
〜入居するには〜
新築の物件の場合は抽選倍率が高いことが多く当たるとは限りません。ただ、外れ続けると倍率を上げてもらえる制度があるのでダメもとでやってみる価値はあります。多分、いづれ当たります。
古い物件ほど空が出やすい傾向があるようですので、こちらを狙ってみるのも良いかもしれません。
 
Copyright 朝日デザイン企画 All Right Reserved.
運営事務局お問合せ