>> 賃貸部屋探しTOP >> トラブル防止ガイド
 

■賃貸部屋探し完全ガイド

  初めての賃貸

  一人暮らし用ガイド

  学生の一人暮らし

  女性の一人暮らし

  高級賃貸・デザイナー物件

  ルームシェア

  公団・公営住宅を借りる

  ウィークリー・マンスリー

  ペットと住む

  お引越しチェック

  トラブル防止ガイド
  ≫賃貸のトラブル
  ≫敷金返還のトラブル
  ≫騒音のトラブル
  ≫お部屋の安全対策

■賃貸おさらいクイズ

  賃貸基礎知識編

  トラブル防止・解決編

■みんなのアンケート広場

  敷金返還率調査

  オフィス賃貸

 
- 敷金返還のトラブル -
敷金返還についての考え方を正しく理解しておきましょう。
〜敷金とは?〜
敷金とは、家賃の不払いや借主の故意・過失によって生じる修繕費用の担保として家主に預けるお金です。一般原則として、経年変化や通常の使用による住宅の損耗を借主が負担する必要はなく、故意や過失・通常の使用方法に反する使用による住宅の損耗についてのみ退去時に原状回復費用として敷金から差し引かれることになります。ですから、普通に使っている限りは敷金の大部分が返還されるべきものなのです。
 
〜原状回復の考え方〜
原状回復での貸主、借主の負担について具体的にみていきましょう。

【貸主の負担】 = 通常損耗・経年変化
家具の設置によるカーペットや床のへこみ。
壁に貼ったポスターの跡・テレビの設置による黒ずみ(電気やけ)
日光などによる畳や壁・天井の変色など・・・

【借主の負担】 = 通常の使用では生じない損耗・過失や故意によるキズなど
飲食物をこぼしたり清掃を怠ったために出来たシミやカビ
イスや机などの移動時に出来た床のキズ
ペットによる柱等のキズ
使用後の手入れが悪い台所の油汚れなど・・・

大切な認識は通常の使用による損耗は貸主の負担になるということです。著しく清掃を怠っているような場合でなければ、部屋全体のハウスクリーニングの費用は貸主が負担すべきものです。敷金を取られすぎの傾向が根強いようですので注意しましょう。
 
〜敷金返還のトラブルを避けるには〜
1、敷金の返還について事前に確認をしておく
入居時に敷金の返還のことについて確認しておきましょう。一般原則の他に特約というのが認められることがあり、契約書で貸主・借主が合意していれば一般原則とは異なる契約を結ぶこともできます。特約があるのにきちんと説明してくれないこともあるかもしれませんので確認することは大切です。もちろん、すべての特約が認められるわけではなく内容によっては無効とされるものもあります。

2、入居前の状態をチェックして指摘しておく
入居前から壊れていたのに自分のせいにさせられたというような話もたまに聞きます。こんなことをされたらたまったものではありません。入居時のキズや汚れなどについては物件状況を書類としてつくっておき、特に気になる部分は写真などにとっておきましょう。
 
〜トラブルを解決するには〜
通常の使用をしていたにもかかわらず、敷金がまったく返ってこない、ハウスクリーニング代を全額負担させられた、そういうトラブルに遭遇した場合はどう対処したら良いのでしょう。まずはよく話し合いをしましょう。話にならなければ、消費者センターや公共の相談窓口で相談してみましょう。どうしようもない時は、調停や少額訴訟によって解決するという選択肢もあります。少額訴訟は請求金額に見合った時間と費用で紛争の解決ができる特別な訴訟のことで、誰でも簡単に裁判所を利用することができます。
少額訴訟制度ホームページ
 
Copyright 朝日デザイン企画 All Right Reserved.